G1シーズンにありがちな光景

こんばんは、ターヒィーです。

さて、先日のマイルチャンピオンシップ、皆さんの結果はどうでしたか?

ちなみに自分はこのレースはケン(見送り・回避)しました。

マイルチャンピオンシップ前に利確したってのもありますけど、単に手を出しづらいからの判断です。

もし買ってたとしても、せいぜいイスラボニータの複勝ぐらいしょうから、このケンは正解でしたな(笑)

ところでふと疑問に思うんですが、なんかやたらとグレードの高いレースにこだわる人って多いと思いませんか?

 

中には開催が終わった翌日の月曜から、そのレース一本に的を絞って予想に取り組む人もいますが、個人的には、出走馬も確定してない状態から予想したところで回収率に大きな変化はないと思うんですよ。むしろ他のレースの予想が疎かになる分、下がるんじゃないですかね?

正直、です。

例えば、次のG1で言えばジャパンカップが一番グレードの高いレースになりますが、果たしてそのレースが「確実に獲れる」レースなのか、先生の言葉を借りるならば

 

「ロジックに該当するレースなのかどうか?」

 

ということを先に精査する必要があるわけなんですが、なんというか、思い込みや感情ばかりが先行して、肝心の「的中率」「回収率」から目を遠ざけてしまってる人があまりにも多いような……。

まぁ、趣味で競馬を楽しんでる分には全然かまわないんですが、そんな人に限って、見ているこちらが恥ずかしくなるぐらい外れた時の言い訳が未練タラタラなのがなんとも……。

(;´・ω・)y━・~~

 

勝ちにこだわるのであれば、狙うべきレースは他にもあるんです。

で、それを見抜けるかどうかが勝敗を左右する、と。

大切なことなのでもう一度言いましょう。

まずは

 

「ロジックに該当するレースなのかどうか?」

 

を精査する。

これが競馬予想、そして新しい財競馬が提案する「競馬予測の大原則」です。

この超基本的なルールを理解して実践するだけで、回収率は確実にアップしますからね。

ではでは。