競馬予想から競馬予測へ

 

今回は競馬を予想するのでは『勝ち続けられず』、

現代の変化と共に進化を必要とした【新しい財競馬】が取組む競馬予測の大義についてお話します。

※大義とは、人が行うべき大切な道義のこと。また、重要な意義、大切な事柄のこと。

 

まず、現代(時代)は物凄いスピードで様々と変化し進化していると思います。

例をあげればきりが無いのですが、

生活していく上では商品の購入方法(物流システム含)や、

パソコン1つとっても、ざっくり90年代の価格・性能は今の4倍以上の価格でありながら性能は大きく劣る、

いま周りにある様々なモノをみてほしい、ほとんどが進化し機能や性能もUPしているはずです。

 

あれ? 競馬は??

→進化していますヨ。「馬券の種類や購入方法(インターネット投票)」など。

 

あれれ? でも馬券を選ぶには??

→進化して・・・ないや。「来そうな馬を予想するか、適当に買って(ラッキーナンバー等)たまたま当たった!とか好きな馬、騎手を選ぶくらい」です。

 

そうなんです!

競馬での馬券(市場)は『来そうな馬を予想』するという現代社会では、まだ目が覚めていない現実があり、

競馬は趣味なのだ!たまに当たれば元が取れる!!競馬こそ、予想と勘すべては直感だ!!!といった大衆が多いおかげで、

主に1つ上の進化逆の発想で取組むことにより競馬で勝ち続けることが出来るのです。

根拠があります。

 

インターネット上で結構ですので、有価証券(おもに株価)『予測』と検索してみてください。

以前にもお話しましたが、この市場には「多くのプロ」が存在しています。(GPIFなど含め)

しかし競馬でのプロは公には略いません。

(ちなみプロは競馬人口の1〜2%程度しかいないと言われています)

 

11月25日の【新しい財競馬 〈ベクトル&事前告知案内〉】でご案内したように、

12月以降(来月)より、

この競馬予測への進化と逆の発想について具体的なコンテンツを準備し掲載する予定です。

 

なぜ新しい競馬なのか、

それが分かり、(ご理解できない方や賛同できない方は無理に進むべくは無用です×)

今後の貴方の新たなる支流(もう1つの収入)と考えられた方には、

1つ1つ、徳を積み重ね、

いつか周りの方々を『太陽にように笑顔で人を照らそう』(←これも時間があれば検索してね~)

 

ではまた!