副業・副収入(副業の必要性)

[17日目:この内容(記事)は約2分と30秒くらいで読み終わります]

副業(副収入)について考えてみよう

昨今、人手不足の話題でいっぱいですね、

特に注目をあつめたのが運送(宅配)関係のオーバーワークと働く人が集まらないということです。

皆さんの会社では如何ですか?

求人を募集しても人が来ないという話はでてないですかね。

これはもう日本の人口分布のかたよりの問題ですね、

会社をリタイヤした高齢の人口が多く、

逆に若い世代の労働者の人口が少ないという

構造上の問題があるのでこれからもっとひどくなるんでしょうね。

われわれとしては今後に給料が増えていく世の中になるのか、

と期待したくなりますがそうはならないようです。

確かに一部の会社では人手確保の為に

時給を上げたりする予定らしいですが全体としては違う、

なぜなら「人手不足でも将来の不況への懸念があるうちは、

企業は賃金を上昇させることなく現状維持を選ぶ」からです。

つまり、どんなに業績が上がっていても

現在のように世の中が変革期にあるときは、賃金を上げにくいんですね。

もう一つ人手不足の要素としては

1990年代の大規模なバブル崩壊の後遺症かもです。

就職氷河期の影響により、

30代後半~40代前半の方たちのときには企業が採用を極力控えたので、

その年代の人材がうすくなってしまってることが多いです。

結論としては人手不足によって仕事の負担はふえるけど

給料は上がらずの状況がつづくということです。

副業(副収入)に真剣に取り組むことで活路を見出したいです。

当方の株式会社K&Kが運営しています、

新しい財競馬の伊東先生が、

年間得ている様々な収入の15%くらい弱で生活(年収)する小松崎でした。

~楽して稼ぐ、この考えが大きな差である松崎です~

[次回へ続く]