副業・副収入・サイドビジネス(安定した収入)

[11日目:この内容(記事)は約1分と40秒で読み終わります]

副業(副収入)について考えてみよう

前回につづき同じ話題で補足してみたいと思います。

オズボーン教授の論文の中で

10年後もなくならない仕事として(漫画家 ・ 教師 ・

医者 ・ 看護士 ・ アナウンサー ・ ミュージシャン)などがあります。

また、新しく生まれる仕事として(ロボットアドバイザー ・輸送アナリスト・

マインドカンセラー)というものがあげられておりました。

つまり単純労働は不要になるが、

人間関係を構築し、対面で付加価値をつける仕事はむしろ重要になるといわれています。

例えば「小売販売員」の仕事についていうと、

近い将来は商品をカバンに入れてレジを通るだけで

商品の電子タグとIDカードが読み取られ、

自分のクレジットカードに課金されるだろうといわれてます。

そうなると販売員はいらなくなりますよね

将来的には終身雇用制は終わり、

会社に雇われ、守られることはなくなって、

人々が自分のフリーの力で活躍する時代がくるかもです。

そんな変革期にある私たちはだからこそ、

複数の収入源(副収入)や副業をもつべきだなと強く思います。

なぜなら会社が守ってくれる時代ではなくなるのですから。

もしかしたら本業よりも副業(副収入)の方に

自身の適正がありパフォーマンスが発揮でき、

より多くの収入が得られる可能性だってあるかもです。

私のまわりにそういう人います、

皆さんのまわりにもひょっとしたらいるかも、

自分からは言わないでしょうからわからないだけかもですよ!

~楽して稼ぐ を夢見る小松崎です~

[次回へ続く]