副業・副収入(NISA)

[20日目:この内容(記事)は約2分と30秒くらいで読み終わります]

副業(副収入)について考えてみよう

これまで色々な分野の副業・副収入についての特徴や実態について書いてきました。

色々メリットやデメリットがありましたね。

各分野で一番肝心の実際に稼げるのか?

一言でいうと稼げている人は小数ながらいる(プロ)。

それに対して稼げていない大多数の人たちがいるのも事実です。

私は「楽して稼ぎたい」と常に考えております。人によっては

(そんなバカな、そんなものは存在しないよ)

あったら皆がやってるという方がおられると思います。

私は逆だと思うんです、大勢の方がやってないからこそ稼げる可能性が高い!

ちょっと話がかわりますが、

最近さかんに(つみたてNISA)という話を聞きます。

これは年間投資可能額が40万円まで、非課税運用期間は20年というものです。

これをやりましょうということではなくて、

なぜこういうものが出てくるのかを考えるべきと思うんです。

前に書きましたが現在の社会保障(年金含め)の質を

今後維持していく事は非常に難しい。税金を極端に上げることは出来ないからです。

国民にある程度のことは

自身でやってもらうことを考えたらお金を運用してもらうしかないからです。

貯金だけではお金は増えません、貯金から投資の流れを作り、

個人の資産形成をうながしたい金融庁の姿勢ですね。

大多数の方々がこれをやるようになるとは思えませんが、

ここで大事なのは国が投資について旗振りをしているという事

お金に働いてもらうというのは(楽して稼ぎたい)に合致するポイントだと思います。

~楽して稼ぐ、しかし現実には稼げてない小松崎でした~

[次回へ続く]