競馬予測の概念③

皆さま、こんにちは。またまた伊東です。

今日は競馬予測の概念最終章になります。

当方、新しい財競馬の

競馬予測では、

主に

◎1・2番人気などの競走馬が馬券対象となるのか

それは逆に、

×全く想像が出来ないようなレース展開となってしまうのか

ここが最初の

JRAが主催する当日のレースに

お金を投入していいかのか

駄目なのかとなります。

そして◎時には、

どの馬が馬券対象になるか

どの馬が馬券対象にならないかを

同時に解析します。

当方のデータには、

JRA‐VAN NEXTや

netkeiba.comなど、

過去の情報が多いツールを使用しています。

(参考には)

インデックスメモリー

馬の体格・蹄

走破タイム

馬場コンディション

など約27の項目が対象となりますね。

(ファクターとして約27です)

これらを分析コードを用いて、

統計解析し数値化します。

そして、

当方で積上げた各サンプルや

約40~43のファクターを用いて

(すべてのファクター数は約70前後となります)

独自のプログラムで自動的に

要素やパターン、

専用ルールなどを基に

総合判断します。

ちょっと大げさにいいますと、

ディープラーニングになりますね。

さらに、

精度を高めるために

該当レースの支持率や

直前の馬体重など

最終チェックします。

ここで

来るべき競走馬と

そうでない競走馬の

馬番号を確定させます。

しかし、私は

競馬にて

100%完璧は無いと思っています。

現在とバックテスト19年間にて、

(平成5年より平成24年実施済)

新しい財競馬で〇となった馬番号が

馬券対象となる確率は33.6%です。

以上が

新しい財競馬

競馬予測の概要となります。

2017年2月8日

新しい財競馬

伊東欽児