ローリスク・ハイリターン

伊東欽児の競馬投資術

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%aba-i-%e7%a0%94%e4%bf%ae161030_2

 

本日からは競馬投票への取組みについてお話いたします。

しかし本当に、

「ローリスク・ハイリターン」

なのか。

一般的な考え方として、「低い金額で、高額の配当を得る」こと

これは競馬の醍醐味の一つですね。

しかし、単純な的中の確率を見てみると、

(すべて16頭出走時)

単勝の的中は6.25%

複勝の的中は18.75%

馬連の的中は0.83%

ワイド的中は2.5%

3連複的中は0.18%

3連単的中は0.03%

 

と主の6馬券で見ても的中の確率はキチイ現実があります。

3連単をもう少し掘り下げて確認すると、

10点買い→0.3% /100点買い→3%

本当に当たれば「ラッキーの世界」(ギャンブル)ですね。

またJRAのオッズを確率論で分析した際は、

オッズと的中確率が相対していると言われています。

例:5倍のオッズ → 5回に1回的中する

100倍のオッズ → 100回に1回的中する

 

そしてここで改めて、

大切なことは『必然的な的中』であり、

『勝ち続ける』には「ラッキー」ではいけないという事と、

ローリスク・ハイリターンはギャンブルのレベルであるという事です。

 

まとめ

オッズの倍率から的中する難易度を図れる

ローリスク・ハイリターンは必然とはいえない

【答え】ローリスク・ハイリターンとは公営ギャンブルのレベルであった

 

ではまた!

伊東欽児の競馬投資術