新しい財競馬 〈第5章〉

伊東欽児の競馬投資術

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%abai-%e7%a0%94%e4%bf%ae161201

本日はとても大事な課題の1つ、

競馬とは安定し機械的に取り組む事こそ、

大切で必要な指針であることをお話します。

◎なぜなら競馬をやっている殆どの人は毎回不安定な収支が現実にあり、

その逆を取り組むことが負け→勝ちの大事な1つの課題、SIGNなのです。

 

競馬で勝ち続けるには、

回収率=的中率という「え?!」と思いがちな事実があるのです。

理由

①たまに当たるのでは「予想し当たっていたがその時だけ買ってない」現実が生じる。

②なかなか当たらないと「モチベーションが下がる」不定期な仕事(業)となる。

③外れてばかりだと「資金が減る」今日は金があるからヤルかはギャンブルの世界。

逆に、

的中がいつものように当たり前である事実だと、

①的中しているのに買ってない事は無い。

②常にいつもと同じように取り組めて精神面も安定する。

③資金が減るというの無駄な心配が無く機械的な財テクが実行できる。

ここまでを簡単にまとめると

行き当たりばったりの日雇い労働者

同じ会社にコツコツ長く堅実に努めている労働者と、

どちらの方が安全な道か、博打な道かを想像してみてください。

 

すなわち、競馬はたまに当たったから今日は良かった!

では、100%の確率で負け組となり

逆に100%に近い的中と100%以上の回収率で通期に実施していれば、

100%の確率で勝ち組になるのです。

 

私の【財競馬】本論の第5章まとめをお伝えいたします。

・今までとは逆に競馬で常に的中するという考え方に転換する。

・競馬を長く安定的且つ機械的に実施する。

 

まとめ 【財競馬】とは、

常に的中する競馬こそ安定し長期的に実施でき、勝ち続けられるのです。

 

またお楽しみに!(11.30ニュースステーション小池知事風に~)

伊東欽児の競馬投資術