どのレースをやるべきか?は難しい。
なぜなら、武豊騎手がJRA史上初の2万回騎乗を成し遂げた時のコメント
「2万回乗ってもレースは難しい」(平成28年9月4日)

主な6馬券種の的中確率から見て分かる通り、とても厳しいのが現状です。
有力な情報も無く競馬を続けることは、大海原に海図を持たずに出航することと同じです。
「新しい財競馬」は、その大海原の中から勝利へ導く「海図」なのです。

競馬での回収率1000%とか何千%以上達成とあってもそれは、「偶然」。
では、本当に競馬で自分のお金を増やした方々は偶然ではなく、
『必然』というレベルで競馬でお金を増やしているのです。
その数値は、(回収率)101~110%前後です。
例)
・28億7千万円の馬券購入にて30億1千万円の配当を得た馬券裁判卍
[通期での回収率104.87%]
・北海道の天才公務員が独自の手法によって競馬で78億円の配当を得た
[通期での回収率108.28%]
では、それ以外の方々はどうなるのか、
競馬に使ったお金の25%(優勝賞金や運営費)はJRAに取られ、
残りの75%を皆で分け合う以上、収束され自分のお金を減らしてしまうのです。
つまり、競馬結果が偶然では75%の壁は越えられない。
その意味が分からない方は、大いにJRAに貢献してください。

でも、「新しい財競馬」を知り、理解をしていただけた人は、競馬で勝つことを必然とし、
自分の大事なお金を競馬で増やしてほしいと思っています。
また偶然の怖さは、必ずいつか資金がショートする。
逆に競馬で勝ち続け、必然としたとき、競馬を続けることで、
貴方のもう一つの支流、収入になる。
マインド含め競馬を(どうせ)やるならば、勝たなきゃ、
勝ち続けなきゃと言いたいです。